〇トリテルペン類と11βHSD2におけるligand-receptor相互作用を調査することで、トリテルペン類の抗癌活性を予測することが可能となります。私達はこれまでに、トリテルペン類の1つであるグリチルレチン酸が癌の予防および治療に使用可能であることを見い出してきました。トリテルペン類による11βHSD2の酵素活性阻害と癌細胞への毒性効果をコンピュータによるシミュレーションで予測したこの研究は、私達の知る限りこれが世界で初めてのものとなります。

J. Biol. Chem. (2011) 286:36888-36897. http://www.jbc.org/content/286/42/36888.abstract

Analysis of the ligand-receptor interaction between triterpenoids and 11βHSD2 can be utilized to predict their antitumor effects. We found that GA can be used as a possible chemopreventive and therapeutic antitumor agent. To the best of our knowledge, this is the first report on in silico prediction of the toxic effects of triterpenoids on tumor cells by 11βHSD2 inhibition.

〇11βHSD2のホモロジーモデリングとその構造解析を行いました。この研究は、11βHSD2をターゲットとした抗癌剤の開発をより効率的に行うことへの最初のステップとなります。

Eur. J. Med. Chem. (2011) 46:1325-1330. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21333409

Homology modeling and structural analysis of 11β-hydroxysteroid dehydrogenase type 2 (11βHSD2) were performed. This study can be the first step towards the efficient development of antitumor drugs targeting 11βHSD2.