Welcome(最新のInternet Explorer でご覧下さい: Please use the latest IE)

植物の成分およびその誘導体から副作用の無い抗癌剤の開発につながる基礎研究をしています

キーワード:

SFME細胞、r/m HM-SFME-1細胞、in silico 解析、抗癌剤、グルタチオン、11β-ヒドロキシステロイド脱水素酵素2型、グルタミルシステイン合成酵素

 

We have been doing some basic researches utilizing plant components and their delivatives, hoping that our study eventually leads to the development of novel antitumor treatments without side effects.

Keywords:

SFME cells, r/m HM-SFME-1 cells, In silico analysis, Antitumor drug, Glutathione, 11β-HSD2, GCL

◎オーストラリア、東洋大学、青森大学のグループとの論文を発表しました(2021年4月)

Eur. J. Med. Chem., 216, 113250 (2021) (IF=5.572)


◎スイス、アメリカのグループとの論文を発表しました(2019年9月)

J. Lipid Res., 60, 1535-1546 (2019) (IF=4.743)


◎スイスのグループとの論文を発表しました(2019年6月)

J. Steroid Biochem. Mol. Biol., 190, 19-28 (2019) (IF=4.095)


◎旭川医科大学、名古屋大学、名古屋市立大学、同志社大学のグループとの論文を発表しました(2019年5月)

Biophys. J., 116, 1836-1844 (2019) (IF=3.495)


◎オーストリア、スイスのグループとの論文を発表しました(2017年4月)

Biochem. Pharmacol., 130, 93-103 (2017) (IF=5.091)


◎インドのグループとの論文を発表しました(2016年4月)

SAR QSAR Environ. Res., 27, 265-292 (2016) (IF=1.897)


◎青森大学、県立広島大学のグループとの論文を発表しました(2015年11月)

Int. J. Comput. Bioinfo. In Silico Model., 4, 753-760 (2015) (ICV=5.09)


◎論文がIJCBISM誌の表紙を飾りました(2014年11月)

https://bioinfo.aizeonpublishers.net/content/2014/6/no6.html

            

 

 ◎論文がIJCBISM誌の表紙を飾りました(2014年1月)              

 https://bioinfo.aizeonpublishers.net/content/2014/1/no1.html     

                 


  ◎本を出版しました(2013年3月4日)

  医療・生命・薬学英語(ムイスリ出版)

         

癌細胞がアポトーシス(能動的細胞死)を起こす瞬間を撮影しました

上のMovie.S2をクリックして下さい

Click the 'Movie.S2' above to see the apoptosis of tumor cells

アグリフェア2012 in東海

出展パネルは、こちらをクリック \(^^)

アグリフェア2012 in東海 ポスター.pdf (3,5 MB)